【教育ツール】ブラックジャックによろしくゲーム(5人用お試し導入スターターキット)
558fe234ef3377535b0000ee 558fe234ef3377535b0000ee 558fe234ef3377535b0000ee

【教育ツール】ブラックジャックによろしくゲーム(5人用お試し導入スターターキット)

¥54,000 税込

送料についてはこちら

【商品概要】 本研修用ゲームキットは、組織コミュニケーションやチームビルデイングの重要性を体感するために開発された研修(教育)専用のカードゲームです。 受講者はチーム一丸となり一つの答えを導きますが、ゲームはそこにたどりつく過程で様々なコンフリクト(葛藤)が体験できるように設計されています。例えば、途中で投げやりな態度をとったり、一人でゲームを進めてしまう受講者が出たりと、チームがまとまりません。これは与える情報を交錯させることにより可能な仕掛けです。また”固定観念の押し付け”もコミュニケーションの妨げとなります。限られた時間の中で、助け合いながら、素早く情報を整理することがゲーム攻略の鍵となります。正しい答え(成果)を導くために、あなたの組織では何が必要なのか?その答えがこのゲームによって明らかになります。 【商品特長】 本研修用ゲームキットは、テーブル内で完結する3~5名用のゲームです。受講者は読捨新聞社の記者となり、永禄大学付属病院[通称:永大]の医療事故を追うことになります。 調査を進めるうえで、永大では過去も含め計9件の医療事故が起こったという事実が分かります。記事としては申し分なく、企画の採用が決まりますが、上司に言われた一言は「今のままだと押しが弱い。事件にかかわっている医師と、その担当患者を特定してくれ」でした。記者たちはさらなる情報をつかむべく、9人の医師とその担当患者の名前を調べることになります。ただし、ヒントとなるのはそれぞれの記者が集めた20枚の取材メモのみ。しかも、企画書の提出が急きょ今日に変更された!さぁどうする…!?果たして時間内に事件にかかわっている医師と、その担当患者を結びつけることができるでしょうか。すべては記者たちのチームワークにかかっています…。 【ゲームの狙い】 ●組織への貢献意識を醸成する ●組織形成に必要なコミュニケーションの在り方を学ぶ ●困難な課題にメンバーで力を合わせて乗り越える 【運営概要】 ●実施時間:2時間〜4時間(ゲーム・振返り含む) ●受講人数:1グループ5人編成(推奨) 【ゲームキット内容物】 ●運営マニュアル ●ミッションシート 1枚 ●解答シート 1枚  ●取材メモカード 20 枚